リプロスキンの化粧水の秘密とは何なのか?驚くべき事実とは?

リプロスキンは独自の浸透技術を持つ「導入型柔軟化粧水」と、化粧水の両方の特徴を持っています。別名・ブースターとも呼ばれる導入型柔軟化粧水という言葉は耳慣れないかもしれません。

 

そこで、導入型柔軟化粧水(ブースター)と普通の化粧水の違いや特徴は?リプロスキンを使った後に別の化粧水や、乳液などの保湿をする必要は?と言った点を疑問に感じるかと思いますので、1つずつ答えていきたいと思います。

 

導入型柔軟化粧水と普通の化粧水の違いとは?

 

まず、導入型柔軟化粧水(ブースター)と普通の化粧水の違いは一体何なのでしょうか。

 

導入型柔軟化粧水(ブースター)は、プレ化粧水の効果もあり、その名の通りその後のケアに使うアイテムの浸透力を高める事ができるのです。化粧水としての成分もしっかり入っているため、リプロスキン一本で浸透をサポートしながら化粧水としての機能もバッチリ果たしてくれます。

 

その後に続く化粧水や美容液等のスキンケア用品の浸透を高める効果もあります。

 

>> スキンケア用品の浸透を高めるリプロスキンの化粧水の詳細はこちら

 

 

リプロスキンを使った後に別の化粧水を使う必要はないのか?

 

一本で二役の効果があるなら、リプロスキンを使った後に別の化粧水を使う必要はないのでしょうか?

 

これに関しては、使った方がベターと言えます。

 

洗顔後にリプロスキンを使ってスキンケアをした後は、ゴワゴワになった肌や角質が柔らかくなり、化粧水がとても染み込みやすい状態となっています。このチャンスの間に、よりうるおいを浸透させるのがオススメで、化粧水をぬり重ねることによってみるみる内に肌に成分が浸透していく効果が期待できます。

 

化粧水としての高い性能もリプロスキンは持っているため、リプロスキンをぬり重ねるのもokです。その分リプロスキンの消費ペースが早くなってしまうのが気になるという場合は、お手持ちの化粧水のご使用で問題ありません。

 

ただし、あわせて使うスキンケア用品に、ピーリングの成分が含まれていない事をご確認ください! リプロスキンと相性が良くないため、肌に負荷が掛かってしまいます。

 

乳液などの保湿をする必要はあるの?

 

その後、乳液などの保湿をする必要は? と言うと、あります。

 

公式の説明でも「保湿がメインの化粧水ではない」と書かれている通り、その後のラインで保湿を十分に行うのが良いです。非常に高い浸透力と保湿力が肌の奥深くまでうるおいを与えてくれますが、その後の工程でしっかりとフタをすることにより、うるおいのさらなる維持が期待できます。

 

使用後は、普段通り乳液やクリームなどでしっかり保湿をしてくださいね。

 

つまり、リプロスキン(導入型柔軟化粧水・ブースター)→化粧水→美容液→乳液→クリーム と、化粧水前にリプロスキンを足すようなイメージでのご使用がgoodです。

 

より高い効果を実感したいという方は、リプロスキンシリーズからローション以外にクリームなどのスキンケアアイテムや化粧品も販売されてますので、ぜひお試しください。

 

リプロスキンの化粧水のまとめ

 

以上のようにリプロスキンの導入型柔軟化粧水としての効果などがお分かりになったかと思いますが、ブースターというのは万人の肌に必要なのかと言うとそうとも言えません。

 

通常の元気な肌状態であれば、肌の奥まで化粧水等の水分・成分が浸透していくので、ブースターの手助けがあまり必要無い事もあるので、ブースターの浸透サポート効果を受ける必要のある人…肌表面がニキビ跡や角質等で硬くなり化粧水が浸透しづらい人、肌の乾燥が気になる人等には特におすすめです。

 

ニキビ跡やひどい乾燥、目立つ角質等でお悩みの方には、ブースターとしての効果が絶大で、肌状態の改善からゆくゆくは症状の改善にと繋がっていきます。それらは有効成分を取り入れる事以外にも、とにかく保湿をする事が大切なんです。

 

冬場の乾燥や、アンチエイジングなどでも乾燥が気になるシチュエーションは多いです。

 

ブースター効果で、他のスキンケア用品では感じることのできなかったしっとり感を感じる事が期待できますので、今の保湿に満足してないという方もぜひお試しくださいね。

 

>> スキンケア用品の浸透を高めるリプロスキンの化粧水の詳細はこちら