リプロスキンがニキビ跡のクレーターに効果あるって本当?

リプロスキン クレーター

 

リプロスキンは、ニキビ跡の回復にとても効果があります。

 

ニキビ跡は軽度なものから重度なものまでいくつかのタイプに分かれていますが、一番重度と言われているクレーター状のニキビ跡にも効果はあるのでしょうか。

 

その答えは、クレーター状のニキビ跡が良くなるにはニキビ跡の中でも一番時間がかかり難しいですが、クレーターの大きさや形によっては大幅に良くなる事もあります!

 

クレーターのタイプについて

 

まず、ニキビ跡を大きく2つに分けると、表面がなめらかなシミ・赤みなどの炎症・色素沈着タイプと、表面が陥没し触るとデコボコしているクレーターのタイプになります。

 

リプロスキンは炎症・色素沈着タイプの回復を特に得意とし、早い段階で大幅に良くなる事が多いのですが、凹凸としたクレータータイプは改善に更なる時間を必要とします。

 

その理由は、クレータータイプというのはニキビ跡の中でも特に重度とされ、肌の深い所まで傷付き、リプロスキンに限らず根治が厳しいタイプだからです。

 

 

ニキビが特に深刻化してしまうと、肌の最も深い真皮層の細胞が傷付き、ニキビが治っても陥没として肌にズレが生じてしまうのです。そのように陥没してしまうのがニキビ跡の中でも一番重く、自然治療の可能性もほぼ無く、完全に元の状態へ修復するのが難しくなってしまうのです。

 

そのため、軽度な炎症・色素沈着タイプであればリプロスキンでスピーディーな改善が見込めるのですが、クレータータイプは構造的に完治が難しい場合もあるのです。リプロスキンで肌のターンオーバー(再生)を促しても、真皮層の傷によって生じたゆがみはターンオーバーでも再生できない場合があるからです。

 

でもご安心ください。クレーターのタイプの中でも、改善が見込めるタイプと難しいタイプを見分ける目安があるのです。クレーターのタイプと言っても、その穴の大きさや深さはそれぞれ異なります。

 

クレーターの穴の大きさや深さ

 

・大きさは狭く、浅い

 

・大きさは狭く、深い

 

・大きさは広く、浅い

 

上記に当てはまる場合には、リプロスキンで良くなる可能性が高いです!

 

なぜならば、穴の大きさが狭ければ、リプロスキンのハリup効果により穴が収縮され、クレーターが見えづらくなります。穴の大きさが広かったとしても浅ければ、真皮層まで傷付いていない事が多く、リプロスキンのターンオーバー促進効果により良くなる場合が多いです。

 

なのでリプロスキンを使ってクレーター状のニキビ跡を良くしたい場合は、事前にご自身のニキビ跡の深さや面積を把握しておくと、効果が見込めるか目星が付き易いはずです。

 

もし該当しなかった場合でも、諦めてしまうのはまだ早いです。

 

リプロスキンでじっくりとケアを重ね続け、1年を超えた頃にクレーター状のニキビ跡にも効果を感じることができた人もいます。それに。クレーター状のニキビ跡がどんなタイプであってもリプロスキンが肌をふんわりハリを持たせてくれるので、底上げされて凹凸が目立たなくなる場合もあります。

 

>> ニキビ跡のクレーターにも効果的なリプロスキンの詳細はこちら

 

 

リプロスキンのニキビ跡の改善以外の効果とは?

 

また、リプロスキンはニキビ跡の改善以外にも、ニキビ自体が発生しづらい肌状態にしてくれるので[ニキビ発生→ニキビ跡]のループ自体を減らすことが見込めます。もしニキビができてしまっても、炎症や膿みができる前の軽度な状態で治る事が多くなるため、ニキビ跡として残る事も減るのです。

 

なので、ニキビ・ニキビ跡が新しくできるのを予防しながら、昔できてしまったニキビ跡のケアに集中できます。

 

 

肌の奥深くまで傷つき陥没してしまったため、ニキビ跡の中でも特に治すのが難しいクレーター状のニキビ跡…。今までどんな治療薬でも効かずに諦めてしまったという方も、ぜひ新発想のリプロスキンでじっくり長期的にケアをしていってくださいね。

 

ニキビの予防からニキビ跡の改善と、肌状態の向上やハリupまで兼ね備え、まさに良いことづくめのリプロスキンで美肌を手に入れてください。

 

>> ニキビ跡の改善以外にも効果的なリプロスキンの詳細はこちら

 


リプロスキンのクレーターへの効果を敏感肌の私が試してみた体験談

リプロスキン クレーター

 

私は学生時代からずっとニキビとニキビ跡のクレーターに悩み続けています。

 

40代も近づいたアラフォーの今、新しいニキビは若い頃に比べて出来づらくなりましたが、ニキビ跡のクレーターはずっと残ってしまっています。しかも敏感肌であるため、一般的なニキビケア用の化粧水や治療薬では肌に合わず新しい肌トラブルを呼んでしまう事が多く使い辛くて…。

 

毎日悩んでいる中、私と同じように敏感肌でニキビ跡のクレーターに悩んでいる女性のブログで、リプロスキンでニキビ跡が改善したという記事を発見しました。その女性もニキビ跡のクレーターで長年悩んでいたようなのですが、今まで色々試して効かなかったのがウソのように、リプロスキンで改善したんだそうです。

 

ビフォーアフターの比較写真でも、ニキビ跡の改善が一目瞭然でした。そして公式サイトでリプロスキンは特にニキビ跡のクレーターにも効果的だと言う事を知ったのが購入の決め手でした。

 

使用して3ヶ月頃、あんなに悩んでいたニキビ跡のクレーターが薄くなり、1年近く使っている現在は、どこに跡があったか判らないレベルにまでなりました!

 

私と同じようにニキビ跡で悩んでいる人に、リプロスキンを知るきっかけを持ってもらえればと思い、私もレポートを残す事にします。

 

リプロスキンの体験談

 

まず、私のニキビやニキビ跡の詳細ですが、顔中いろんなところにありました。特に若い時にできたニキビ跡は、皮膚が薄いせいか頬に特に多くできずっと残り続けてました。陥没しているようなニキビ跡はなく、その大半がシミのように色素沈着していたり赤みを帯びて常に炎症しているかのような状態でした。

 

私のリプロスキンの使い方ですが、今まで通り朝と夜の二回洗顔をします。その中のスキンケアの工程で、私は化粧水にリプロスキンローションを使うようにしました。

 

リプロスキンを使う時には心持ち多めの4プッシュ。ほんのり人肌になるまで手の平で少し温めて、肌全体の奥深くまで染み渡るように押し当てます。洗顔やスキンケアの際にはニキビや跡に刺激が与えられないようにとにかく優しく! を心掛けるようにしてます。

 

私のニキビ跡のクレーターは頬に多発してるので、頬にはもう2プッシュ分ほどを重ね付け。ニキビ跡のケアと保湿も兼ねて、重ね塗りをすることにしています。

 

リプロスキンローションは保湿効果が高いとは言え化粧水に分類されるので、より保湿効果を高めるようその後の工程(乳液・クリーム)は今まで通りしてます。付ける時は、クセのない優しい良い香りに包まれて、液体のテクスチャはこってりし過ぎてないのに付けると吸い付く感じがとても好きです。

 

 

そんな感じでリプロスキンでケアをするようになってから、まず使い始めた日に今まで使っていた化粧水との違いを感じました。私の肌はニキビ跡のせいか肌が傷んで保水力もまったくなかったんですが、リプロスキンは肌の深いところまで染み渡っていくような感じがしました。

 

今までは、朝起きると昨晩のケアは一体??という程に肌が乾燥してしまってたのですが、リプロスキンを付けた翌朝触ってみるとまだプルプル感が残っていてびっくり!

 

ローションをリプロスキンに変えた以外には何も変えていなかったので、リプロスキンの浸透力・保湿力の高さを実感しました。しかも肌トラブルも全然起きませんでした。私はニキビ肌でありながら敏感肌でもあるので、肌に異常が表れないか心配していましたが全然大丈夫でした。

 

今までにいろんな会社から出ているニキビ治療薬(ニキビにピンポイントでぬるタイプ)を塗ると、塗った部分がガビガビになったり肌がめくれてしまう事が多くて…。私には合わない事が多く、逆に悪化してしまう事が多かったので。

 

リプロスキンの体験談

 

リプロスキンはそういった治療薬とは根本的に違い、化粧水だからこその優しい発想で、敏感肌の私にも安心して使えるようでした。乾くどころか保湿力バツグンで。アルコールをはじめとする添加物6種もエタノールも不使用なのが嬉しかったです。

 

私だけかと思ってましたが、ニキビやニキビ跡のクレーターで悩む人は敏感肌であることが多いようで、リプロスキンはそんな敏感肌の人でも安心して使えるように作られてるんだそうです。

 

使用して3ヶ月頃には大半のニキビ跡のクレーターが明らかに薄くなり、本当に嬉しかったです!!

 

現在は使って大体1年ですが、さらにニキビ跡が改善して、すっぴん時によーく目をこらさないと判らないレベルです! メイクをすればもう全く判らないかと。肌状態も良くなり、くすみが取れてワントーン明るくなったからか美白効果も感じています!

 

ニキビ跡のクレーターの改善だけでなく、肌の保湿力アップと、美白効果まで感じる事ができました。

 

前の私と同じようにニキビ跡のクレーターでお悩みの方は、ぜひリプロスキンを使ってみてくださいね。

 

>> ニキビ跡のクレーターにも効果的なリプロスキンの詳細はこちら